医療用ウィッグ・かつら専門サイト
医療用ウィッグの使用期間 2019-08-06T15:47:39+00:00

抗がん剤治療における医療用ウィッグ使用期間

抗がん剤治療で医療用ウィッグを使用する場合、1年半から2年間はウィッグ使用することになります。

抗がん剤治療で医療用ウィッグを使用する場合、1年半から2年間はウィッグ使用することになります。

  • 抗がん剤種類や個人差はありますが、投与開始から約2週間前後で脱毛がはじまります。

  • 治療期間は3ヶ月から6ケ月の期間になる方が多いです。

  • 治療が終わってから約1~2ケ月で髪が生え始めますが、ショートスタイルになるまで8ケ月から1年かかります。

  • 髪は1か月で1㎝ぐらいずつ伸びますので、自髪のようにスタイリングができるまでは2年はかかる方が多いです、

  • 前後合わせて1年半から2年ぐらいは医療用ウィッグを使うことになります。

  • 抗がん剤種類や個人差はありますが、投与開始から約2週間前後で脱毛がはじまります。

  • 治療期間は3ヶ月から6ケ月の期間になる方が多いです。

  • 治療が終わってから約1~2ケ月で髪が生え始めますが、ショーロスタイルになるまで8ケ月から1年かかります。

  • 髪は1か月で1㎝ぐらいずつ伸びますので、自髪のようにスタイリングができるまでは2年はかかる方が多いです、

  • 前後合わせて1年半から2年ぐらいは医療用ウィッグを使うことになります。

医療用ウィッグをきれいに長く使えるコツ

医療用ウィッグをきれいに長く使えるコツ

◆ 保湿とトリートメントをまめに行い、髪のパサつきや静電気を防止します。

◆ ほこり取りと汗ふきに手を抜かないようにします。

◆ ウィッグ専用のシャンプーとトリートメントを使用します。

◆ 2~3ケ月に一回ウィッグ専門店でメンテナンスをして頂きます。

◆ メンテナンスに出す前に、スペアを用意しておくと安心です。

◆ ウィッグは髪同様ダメージを受けるものなので、

     肌着や洋服と同じく、上手に着回しをすると、

     より長くきれいにウィッグスタイルを保つことができます。

◆ 保湿とトリートメントをまめに行い、髪のパサつきや静電気を防止します。

◆ ほこり取りと汗ふきに手を抜かないようにします。

◆ ウィッグ専用のシャンプーとトリートメントを使用します。

◆ 2~3ケ月に一回ウィッグ専門店でメンテナンスをして頂きます。

◆ メンテナンスに出す前に、スペアを用意しておくと安心です。

◆ ウィッグは髪同様ダメージを受けるものなので、

◆ 肌着や洋服と同じく、上手に着回しをすると、

◆ より長くきれいにウィッグスタイルを保つことができます。

お問い合わせ情報

電話番号: 03-5657-7495

Fax: 03-5657-7496

アクセス

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町44-7 箱崎YMビル6階 ▶写真で案内を見る