医療用ウィッグ・かつら専門サイト
医療用ウィッグの選び方 2018-07-17T14:54:06+00:00

医療用ウィッグの選び方

はじめての方が持ちやすい

3つの不安

  • 不自然な見た目になるのではないか?

  • ずれたり,暑かったり付け心地が悪いのではないか?

  • 価格は適切なのか?もっと安くはできないのか?

はじめての方が
持ちやすい

3つの不安

  • 不自然な見た目になるのではないか?

  • ずれたり,暑かったり付け心地が悪いのではないか?

  • 価格は適切なのか?もっと安くはできないのか?

医療用ウィッグを選ぶ際に、 「どこをどのようにみればいいのかわからない」と不安をお持ちの方が多いです。
ここでは、 はじめての方のために医療用ウィッグを選ぶ際に、 気を付けておきたい3つのポイントをご紹介します。

 医療用ウィッグを選ぶ際に、「どこをどのようにみればいいのかわからない」と不安をお持ちの方が多いです。ここでは、 はじめての方のために医療用ウィッグを選ぶ際に、 気を付けておきたい3つのポイントをご紹介します。

ウィッグ選びのポイント1、自然な外見

自然な外見を構成する4つの要素

要素1 : ウィッグの分け目とつむじの自然さを確かめます。

つむじや分け目に、「人工皮膚」と呼ばれる肌色に似た素材を採用します。人工肌を設置することで、上から覗かれてもウィッグだとバレにくく人の視線が気にならなくなります。

要素2 : ウィッグの植毛方法

ウィッグの植毛方法には機械植えと手植えがあります。
機械植えでは髪を束ねて一定方向に植えるので、毛量が密集しやすくなります。
手植えの場合は、1本から3本の髪をとり間隔をあけて手作業でバランスよく植えるので、少ない毛量でふんわりしたスタイルに仕上がります。

要素3 : 髪の手触り感色味を確認します。

医療用ウィッグに使われる毛材には人毛と人工毛2種類があります。
人毛は自然な色味や手触り感にすぐれていますが、髪色が落ちやすく、洗髪後のスタイリングに手間がかかります。
人工毛は軽くて形状記憶性があり、洗髪後のお手入れが楽ですが、光をあてると光沢が出すぎたり、きしみがあるなどの弱点もあります。
人毛と人工毛を適切な割合で配合すると、軽くて自然で、お手入れ楽ちんな医療用ウィッグができあがります。

同じウィッグでも人それぞれ異なる印象

要素4 : 試着後アレンカットを考えます

人はそれぞれ頭や顔の形が違うので、同じウィッグでも着ける人によって印象が変わる場合があります。
実際手にとってゆっくり試着をし、ご自分に合うようにアレンジカットを考えることが医療用ウィッグ選びのもっとも重要なポイントの一つです。
試着した見本ウィッグを基に横髪を2㎝短く、襟足を2cm長くといったようにアレンジカットをして頂くとイメージにぴったりのお好みウィッグをゲットできます。

ウィッグ選びのポイント2、軽量性とフィット感をチェックする

ウィッグを装着して安定感がないと、はずれるのではないかと心配になり知らないうちにストレスを溜めてしまいます。
また、ウィッグが重くて、暑かったりすると肩こりや頭痛の原因にもつながり安いです。
購入前にじっくり試着をして、フィット感やつけ心地を確かめてみることをおすすめします。

ウィッグ選びのポイント1

自然な外見

自然な外見を構成する4つの要素

要素1:ウィッグの分け目とつむじの自然さを確かめます。

 医療用ウィッグでは、つむじや分け目に、「人工皮膚」と呼ばれる肌色に似た素材を設けます。これで、例え上から見られてもウィッグだと気付かれる心配が解消されます。

要素2 : ウィッグの植毛方法

 ウィッグの植毛方法には機械植えと手植えがあります。機械植えでは、髪を一定方向に植えるので、つむじや分け目が不自然に見えることがあります。手植えの場合は、一本一本手作業でバランスよく植えるので、自然さは断然アップします。

要素3 : 髪の手触り感や色味を確認します。

 医療用ウィッグに使われる毛材には人毛と人工毛2種類があります。人毛は自然な色味や手触り感にすぐれていますが、髪色が落ちやすく、洗髪後のスタイリングに手間がかかります。人工毛は軽くて形状記憶性があり、洗髪後のお手入れが楽ですが、光をあてると光沢が出すぎたり、きしみがあるなどの弱点もあります。人毛と人工毛を適切な割合で配合すると、軽くて自然で、お手入れ楽ちんな医療用ウィッグができあがります。

要素4 : ウィッグスタイルとの相性を試着で確かめます。

 医療用ウィッグはイメージと違って見えることがしばしばあります。ひとそれぞれ顔や頭の形が違うので、同じウィッグでも付ける人によって、微調整を行うポイントは変わってきます。スタイルを自由にオーダーできることをセミーオーダー式といいますが、ルシア医療用ウィッグはセミーオーダー式なので思い通りのスタイルに仕上げることができます。

同じウィッグでも人それぞれ異なる印象

 試着はしたいけど、外出がつらい方や、また近い所に医療用ウィッグの専門店がなくて困る方は、

ぜひ一度宅配無料試着サービスをご利用ください。

 試着はしたいけど、外出がつらい方や、また近い所に医療用ウィッグの専門店がなくて困る方は、

ぜひ一度宅配無料試着サービスをご利用ください。

ウィッグ選びのポイント2

軽量性とフィット感をチェックする

 ウィッグを装着して安定感がないと、はずれるのではないかと心配になり知らないうちにストレスを溜めてしまいます。また、ウィッグが重くて、暑かったりすると肩こりや頭痛の原因にもつながり安いです。購入前にじっくり試着をして、フィット感やつけ心地を確かめてみることをおすすめします。

ウィッグ選びのポイント3、適切な価格

医療用ウィッグは価格の適切性がわかりにくい商品のひとつで、どれが妥当なのか紛らわしい所があります。

大手のブランド商品だと10万円から40万円しますが、確かな安心感は手に入れることができます。
中小企業の商品ですと、10万円以下で購入することができ、通販ですとさらにリーズナブルな価格で入手できます。

ウィッグ選びのポイント3

適切な価格

 医療用ウィッグは価格の適切性がわかりにくい商品のひとつで、どれが妥当なのか紛らわしい所があります。

 大手のブランド商品だと10万円から40万円しますが、確かな安心感は手に入れることができます。中小企業の商品ですと、10万円以下で購入することができ、通販ですとさらにリーズナブルな価格で入手できます。

 ルシアでは良いものをもっと安く、ひとりでも多くの方に自由にご利用頂けますようにメーカー直販価格でご提供させて頂いております。

お問い合わせ情報

電話番号: 03-6206-2164

Fax: 03-6661-9676

アクセス

〒103-0016 東京都中央区日本橋小網町3番14号 茅場町K-1ビル 202 ▶写真で案内を見る